学生

大学生活にかかる費用

大学費用は、初年度に支払う入学金、4年間支払う学費などがあります。国公立か私立か、また学部によって金額が異なります。国公立は私立と比べて安くなっています。アルバイトや奨学金制度を利用することで、これら費用をまかなう学生が多いです。

将来の夢を叶えるために

先生

正しい選び方

大学受験において、医学部を受験するために塾に入るのは、賢い選択だといえます。学校の授業と自宅勉強のみでは習得しきれない知識や勉強法も、塾では専門的に教えてくれるからです。綿密な将来設計、予習授業復習のサイクルに沿って勉強するために、塾は非常に有効です。塾の選び方としては、医学部を受験する生徒のみで構成されたクラスがあるかどうかを確認することです。同じ志を持った生徒の中で学ぶことができ、モチベーションの維持につながります。また、進路指導について詳しい先生がいる塾も確認しましょう。大学受験では、自分の情報収集のみでは押さえきれない情報や、誤った情報も蔓延しています。しかし、正しい知識を持った塾の先生の元であれば、誤情報に左右されることなく、安心して受験を受けることができます。他の点では、実績があるかどうかも重要な観点です。前年度の国公立医学部の合格者が参考になり、これを基準に考えるとよいです。どんなに学習サポート体制が充実していると宣伝していても、実績がなければ信用ならないですので。医学部受験は、そう簡単にことが進むものではありません。国公立であれば、センター試験と二次試験のそれぞれにしっかりとした対策が必須です。そこで、塾の力を借りることによって、受験に合格する確かな学力、思考力を培うことができるのです。受験直近で慌てることのないよう、高校入学時から塾について研究してみるのがおすすめです。

女の人

予測してみることが大切

面接で質問される内容は、ある程度、予想しておきましょう。学校で先生と練習をしておくと安心です。その場に慣れることも必要だからです。よく挙げられているのは、志望動機です。また、将来はどんなことがしたいのか、考えておきましょう。

女子学生

塾の選び方がポイント

岡山で中学受験をするときは塾選びが重要です。長丁場の闘いになるため、スモールステップを設定してやる気、やりがい、モチベーションを持たせてくれる塾を選ぶべきでしょう。子供自身のやる気も重要で、親子で話し合って決めるのが大切だといえます。