大学生活にかかる費用

学生

奨学金も利用して

大学進学の際に気になるのは、学費などの大学費用のことです。大学費用は国公立大学に進むか私立大学に進むかで大きく異なります。またおおまかに分けて、文系、理系、芸術系、医療薬学系でそれぞれ違いがあります。まず学費は、入学金と年間の授業料とその他諸経費の合計金額です。入学金は入学する前に1度支払うのみとなります。国公立大学での4年間に支払う学費は約244万円です。もちろん学校により差はあります。私立の場合は約440万円です。芸術系、美大や音大などはこれらより高くなる傾向にあります。また医学部や歯学部はさらに高額となります。大学費用は学費だけではなく、自宅生なら交通費もかかりますし、一人暮らしをする学生は家賃や食費などの生活費も大学費用として計算しなければなりません。金額だけ聞くと、とても高額に思うかもしれません。しかし多くの学生はアルバイトをして生活費などをまかなっています。高校とは違って時間割もつまっていないことが多く、アルバイトの時間を作ることは工夫次第で可能です。奨学金制度も学生には有難い制度です。無利子、あるいはかなり低い利子でお金を借りることができます。奨学金制度で有名な団体もありますが、都道府県が支援する奨学金や大学が行う奨学金など様々です。また学校によっては、入学試験の結果によって特待生として奨学金は支払われることもあります。これらの制度も場合によっては利用して、大学費用の心配をなくして勉学に励みましょう。