塾の選び方がポイント

女子学生

スモールステップが鍵

岡山でも中学受験をする小学生は増えてきています。関東などの大都市に比べると、岡山の中学受験はそこまで競争率が高いわけではありませんが、近年は徐々に競争率も高くなってきています。岡山の中学受験を制するには、塾に通うのが必要不可欠といえます。岡山で中学受験対策を行う塾は多くあります。全国展開している塾もありますし、地域に根付いている塾もあります。中学受験は、小学生三年生の二学期頃から始めるのが重要といわれており、長丁場の闘いになります。先の見えないゴールに向かって走り続けるようなものであり、子供には非常にストレスとなります。闇雲に勉強しなければならないというプレッシャーだけを与えるのはよくありませんし結果も伴いません。子供に適切な目標を与え、やりがいとモチベーションを持たせてくれる塾を選ぶのが重要です。塾選びのポイントは、スモールステップを採用しているかどうかです。スモールステップとは、小さな課題のことです。小さな課題を設定し、それを一つ一つ超えることで、大きな目標をクリアできるようにするのです。この方式だと、子供は目の前の課題にのみ集中できるので、長丁場の闘いを意識せずにすみます。課題の量が適切でやる気を持たせてくれる塾選びがポイントです。また、子供自身がやりたがるかどうかも選ぶときのポイントです。中学受験はあくまで子供が主体です。塾選びについても、子供の意見をしっかりと聞き、親子で話し合って決めるのが大切です。